SEO対策 QUATRO MUZIQ 忍者ブログ

QUATRO MUZIQ

A A A
HOME
2017
04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 author : maco ×
   △ 


0ff12ebd.jpg
Mona Lisa
["11-20-79"]
(1996)

-Track List-
01. Sweet Memories
02. Just Wanna Please U
03. Where I Wanna Be
04. Love U Enough
05. I'm Not You Girl
06. Keep Fallin'
07. You Said
08. Mom Lude
09. You Gave Me Love
10. Crazy
11. Can't Be Wasting My Time
12. You Keep Leading Me On
13. Out Time To Shine
14. You Said [Remix] (f/ Smooth)
15. Can't Be Wasting My Time [Remix]


MonicaやBrandy、Usher、そして故Aaliyahとかと同じ世代。
若くしてデビューした才能溢れるシンガーでした。
でも上に挙げたシンガー達に比べていまいち地味だったのか、
はたまた売り方を間違えたのか。
この一枚で姿を消してしまいました。
今は音楽活動すらやってないらしいです。残念。

どこかMary J. Bligeのような哀愁が漂う1曲目"Sweet Memories"から始まり。
Bobby Caldwellの"What You Won't Do For Love"のネタを上手く使った
"Just Wanna Please U"が2曲目。これ大好き。
この時代らしい心地よいメロディ"Keep Fallin'"や"You Gave Me Love"。
他にもすーっと耳に入ってくるような良い曲が多数あり。
ただやはり地味感があるのか、とびっきりハマる曲はないのかな。
でも個人的には捨て曲が見当たらない優れた1品だと思ってます。
やっぱこの時代っていいなー。

PR

 author : maco ×
    COMMENT : 0  △ 


8dddb3e4.jpg
Pretty Ricky
[Eighties Babies]
(Unreleased)

01. Shonin'
02. Marry Me (Down On My Knees)
03. Knockin' Boots '08

04. XXL
05. Cuddle Up
06. Insecure
07. How Long (On And On)
08. Let You Go
09. Bedroom Beast
10. 4Play
11. Sleep Wit Me

 

 author : maco ×
    COMMENT : 0  △ 


7717f1d6.jpg
Fasho'
[Fasho' Is]
(2008)

-Track List-
01. I'm Wit It
02. Why I Let Her Leave
03. We Gon Party
04. Girlfriend
05. Special Girl
06. Come Over
07. Like It Know
08. Down Shawty
09. Why
10. Top Ten
11. Tease
12. All For Love
13. Whateva
14. Right Here Wit Me
15. Triflin'


まずこのジャケ写から触れておこう。
向かって左の彼。
あきらかにギャグです。変顔すぎ。
なんか中学生ぐらいに見てたヤンキー漫画に出てきそう。
「てめぇどこ中だぁ?」って。
ま、誰も注意することなく表紙に載せちゃうところに、
このグループの大物っぷりが出てますね。

でもね。

なかなか歌えるんです、彼ら。
Jagged Edgeのような雰囲気があったりなかったり。

 author : maco ×
    COMMENT : 0  △ 


4kast.jpg
4KaST
[Any Weather]
(1998)

-Track List-
01. ED Lover (Intro)
02. Miss My Lovin' (f/ Mic Geronimo)
03. I Tried
04. Rain Drop (Interlude)
05. If I Could
06. It's All Up To You
07. The Rose
08. Hoe Can I
09. Reality (Interlude)
10. You Owe Me
11. You Know (f/ Tracey Lee)
12. This Feeling
13. Any Weather
14. Big Lez (Interlude)
15. I Spoke To You (Interlude)
16. Rainy Daze
17. Because I Love You
18. Outro


男女いくつものヴォーカルグループが現れては消えていった90年代。
この4KaSTも世に出たのはわずか1枚のみ。
残念ながらそんな消えていったグループの一つにしか過ぎないのかもしれません。
でも唯一のこの1枚は眩いばかりの輝きを放っていました。
個人的にはもっと聴いていたかったグループの一つです。
タイプ的にはSWVとXscapeを足して2で割った感じ?
ちょっとわかりにくいかもしれないですけど、いい感じです。

全体的に非常に聴きやすいスロウが多いんですけど、
あえてオススメを挙げるなら#2の"Miss My Lovin'"と
#3の"I Tried"、そして#16の"Rainy Daze"かな。
コーラスワークも見事でうっとり聴けます。

魅力あふれる良いグループの良い作品でした。



[PV]
♪4KaST - Miss My Lovin'



[PV]
♪4KaST - I Tried

 author : maco ×
    COMMENT : 0  △ 

ruscola.jpg
Ruscola

[Holla At Me]
(2005)

[Track List]
01. Your Body's Calling Me
02. Keep It Low (Interlude)
03. Keep It Low
04. Holla At Me
05. Dreaming Colours
06. Still In Love (Interlude)
07. Still In Love
08. Thugs Don't Live That Long


2005年に発売されたRuscolaの2ndアルバムです。
彼はDru HillやRuff Endzと同郷であり、
2002年に発売されたDru Hillの3rdアルバム
[Dru World Order]の時に加入し、その後に脱退したようです。
この加入時の名前はScola。
あれ?「ル」はどこいった?
ま、いいか。
ちなみにScola名義でも2007年にアルバム1枚を出してます。
どれも大ヒットしたとは言えないとは思うけど
それでもなんだかんだでソロで3枚出してるってすごいですよね。

さて。

"You Body's Calling Me"は琴のようなオリエンタルな音も入り、
ねっちょりとトロけそうな甘いスロウ。
JODECIの雰囲気プンプンなカッコイイ"Keep It Low"。
"Dreaming Colours"は心安らぐ上質のバラード。
"Still In Love"はなんとなくBabyfaceが得意そうなアコースティックバラードです。

全体的にスロウが美しく、良いアルバムだと思いますよ。
なかなか見かけないですが。。

 author : maco ×
    COMMENT : 0  △ 
"maco" wrote all articles.
http://quatroverde.blog.shinobi.jp/
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY Inc.
PR : 忍者ブログ × [PR]
 HOME